All posts by nitta

Nitta Fabrics SUKIYA バッグ

2022.06.22

日本では昔からお茶席に使用される数寄屋袋は、女性の着物の帯裏に忍ばせることができる とてもコンパクトなバッグ。現代では、和製クラッチバッグとして、着物、洋服どちらの装いにも合い、お財布、携帯、化粧品などが入るので、機能性も持ち合わせています。
裏地は表地に合う色を選び、マグネットボタンで開閉し易くなっています。
すべて一点もの。様々な生地のバリエーションの中からつくります。

Nitta Fabrics クラッチバッグ

2022.06.20

4代目新田英行が独自で考案・製織する生地は、風合いのある様々な絹糸を使用した独特のテクスチャーです。また、くるみ材の口金は、木工職人が作った特注品。全てにおいて、手仕事の美しさを感じていただけます。

ショルダーベルト用の留め具も付けているので、お好みでご使用いただけます。

         全て一点ものとなります。

Nitta Fabrics 御朱印帳

2022.06.18

表紙(表裏)に絹地を貼った特別なノート。
日本では、神社やお寺で頂ける「御朱印」を書いてもらう帳面。
現代は、芳名帳や日記帳、様々なスクラップブックとして幅広く使われています。
 
紙が綴じられていない蛇腹(じゃばら)式のデザインが特徴。
色柄ともにバリエーションはたくさんあります。

べにばなSAI 2022 開催のお知らせ。

2022.06.16

4月に種まきをした紅花は、順調に育っています!

毎年、紅花が咲くころに開催しているイベント「べにばなSAI」

この2年には、大幅に縮小しての開催でしたが、今年は

染め体験や人形作りのワークショップも行い、ボリュームを出しながら

皆様に楽しんでいただけたらと計画しております。

<べにばなSAI 2022>

 2022年7月9日(土) 9:00ー 16: 00

 ◇紅花の花摘み、花餅作り体験

 ◇染め・人形作りのワークショップ

 ◇特別価格の商品

 ◇工場見学

(コロナの状況でやむを得ず開催を縮小又は中止する場合もございます。

ホームページやインスタグラムでお知らせしますのでご確認くださいませ。)

お知らせ。

2022.04.25

米沢の桜もそろそろ終わり、これからは新緑がまぶしい季節となります。

今朝は、スタッフ全員で紅花の種をまきました。

どうか無事に芽がでますようにと気持ちを込めて。

よねざわ新田の商品をお取り扱いいただいている道の駅米沢様より

会社紹介をしていただきました。お知らせのページです。是非ご覧ください。

年末年始のお知らせ。

2021.12.21

いつもありがとうございます。

年末年始12月25日(土)~1月4日(火)まで

お休みをいただきます。

尚、オンラインショップは、ご注文の受付のみとなり、

1月5日(水)より、順次発送させていただきます。

今年もありがとうございました。

一段と寒くなりましたので、あたたかくしてお過ごしください。

新しい年が、皆さまにとって幸多き年となりますようお祈りいたします

「紅花の守人」

2021.12.02

今秋、最上紅花のドキュメンタリー映画「紅花の守人(べにばなのもりびと)」が公開されました。

長く紅花染めに携わる新田も染のシーンなどで協力させていただきました。

また、多くの市民プロデューサーの方々のおかげで、この映画が出来たこと、心より御礼申し上げます。

山形県を中心に順次、公開される予定です。是非、紅花の歴史、世界をお楽しみくださいませ。

映画「紅花の守人」予告編(山形県先行ロードショーver.) – YouTube

映画「紅花の守人」特報 今井美樹さんナレーション編(山形県先行ロードショーver.) – YouTube

Nitta Fabrics がま口

2021.08.20

サイズが大きく、小銭もお札も入るのでお財布として使っていただけます。また、カードケースやアクセサリーケースなど多様に使用できます。色・柄バリエーションが豊富です。